PR

経済産業省が2013年10月から開催してきた、3Dプリンターが生み出す付加価値と、 今後のものづくりの方向性を考察した「新ものづくり研究会」の報告書が2014年2月下旬にまとまった。
同研究会の座長を務めた東京大学大学院経済学研究科教授の新宅純二郎氏は、 日本における3Dプリンターの活用が欧米に比べて立ち遅れていることに危機感を隠さない。

写真:栗原克己