PR

 2014年3月5日に東京都内で開かれた工場関連のイベント「Factory 2014」では、インターネットを用いた次世代工場の技術体系に関する講演が、400人を超える聴講者をくぎ付けにした(図1)。全ての機器(もの)がインターネットにつながる“もののインターネット”(Internet of Things)技術を工場に導入することによって、高度に複雑な作業を機器自体が自律的に実行したり、操作担当者をより深く支援したりするという考え方だ。聴講者からは、熟練技術者がいなくなることへの対応としても重要、といった感想が聞かれた。

図1●「Factory 2014」の会場
2014年3月5日、東京・目黒雅叙園で開催。400人を超える聴講者を集めた。
[画像のクリックで拡大表示]