PR

 日産自動車と三菱自動車の合弁会社であるNMKVは、軽のスーパーハイトワゴンを開発した。日産が「デイズ ルークス」、三菱が「eKスペース」として発売した(図1、2)。「デイズ」「eKワゴン」に次ぐNMKVの第2弾。子育て中の母親を想定ユーザーとして、各要素の開発の方向を合わせた。

図1 日産自動車の「デイズ ルークス」
ランプ、バンパーなどの形が日産独自。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 三菱自動車の「eKスペース」
手前がeKスペース、左奥が同カスタム。
[画像のクリックで拡大表示]