PR

2014年3月期に1000億円の営業利益を見込むなど、2年合計で9000億円を超える赤字を計上した最悪の時期から脱しつつあるシャープ。液晶をはじめとする既存事業を立て直すとともに新規事業の創出に取り組み、成長路線への回復を目指す。同社のCTOで新規事業も統括する水嶋副社長に、新事業創出の進捗状況と研究開発の方法論を聞いた。

(聞き手は今井 拓司)