PR

米GM社が3代目となる中型セダン「キャディラックCTS」を発売した(図1)。全長を拡大しつつ、アルミニウム合金を使い車両質量を軽くしたのが特徴。エンジンの排気量を2.0Lに抑えたことと合わせて、燃費性能も高まった。

図1 新型「キャディラックCTS」
3代目では全長を伸ばしながら車両質量を減らし、燃費や走行性能を高めた。価格(税込み)は599万円から。