PR

 「ものづくり企業が持つ技術を、ぜひ臨床医に売りこんでほしい」(国立がん研究センター東病院大腸外科医長 内視鏡機器開発分野ユニット長の伊藤雅昭氏)─。

 この発言は、2014年7月11日に東葛テクノプラザ(千葉県柏市)で開催された「C-square EXPO」でのもの(図)。国内のがん研究をリードする国立がん研究センターが、ものづくり企業と協働して新たな医療技術の開発を推進すべく開催したイベントである。伊藤氏は医師の立場から、「医師だけががんを治す時代は終わった。さまざまな発想や技術を結集して新たながん治療を目指そう」と呼びかけた。

図●医療現場のニーズをものづくり企業に
2014年7月11日に開催された「C-square EXPO」の様子。
[画像のクリックで拡大表示]