PR

 富士通が手掛ける農業関連事業は幅広い。農業向けのクラウドサービス「食・農クラウドAkisai(秋彩)」は露地栽培から施設園芸、植物工場、さらには畜産までをカバーし、対象となる作物も野菜や米、果物などバラエティーに富む*1。同社はシステム提供だけでなく、2014年5月には福島県会津若松市の植物工場「会津若松Akisaiやさい工場」で野菜を生産し、販売する事業も開始した。

*1 他の電機メーカー各社が提供する農業向けクラウドサービスは、施設園芸か植物工場を対象としている。露地栽培としては、トヨタ自動車が「豊作計画」を提供しているが、基本的に稲作だけを対象としている。