PR
導光板のみを取り出したところ
[画像のクリックで拡大表示]

 ヘッドマウントディスプレー(HMD)の開発販売を手掛ける米Vuzix社が、2015年にも超薄型軽量の両眼シースルーのHMD(ARグラス)を市場投入することが明らかになった。2014年7月末に来日した同社CEOのPaul Travers氏が、本誌に明かした(図1)。

図1 両眼シースルーのARグラスを投入
Vuzix社は従来、ビジネス用途やプロシューマーに向けて片眼非透過型のHMD「M100」を販売してきた(a)。2015年にも両眼シースルーのARグラスを投入する(b、c)。M100は内部にアプリケーションを実行可能な基板を搭載するが、ARグラスはiPhoneやAndroidスマホなどと接続して使うことを想定している。
[画像のクリックで拡大表示]