PR
「一気通貫のものづくりを実現するデザインマネジメント」では、田子學氏、田子裕子氏、橋口寛氏が、ものづくりへのデザインの視点の取り入れ方やその効果を伝授します。
田子 學(たご・まなぶ)
東芝、amadana(旧リアル・フリート)での活動を経て、エムテドを設立して独立。現在、慶應義塾大学大学院SDM研究科特任教授、法政大学デザイン工学部非常勤講師、東京造形大学非常勤講師も務める。
田子裕子(たご・ひろこ)
オフィス家具メーカーにて次世代オフィス研究に携わった後、大学研究室に在籍し、フリーランス活動を開始。現在、エムテド取締役の他、女子美術大学デザイン・工芸学科非常勤講師も務める。
橋口 寛(はしぐち・ひろし)
米Dartmouth College経営大学院修了(MBA)。外資系企業を経て独立起業。鳴海製陶取締役執行役員を経て現在に至る。慶應義塾大学大学院SDM研究科非常勤講師。