PR
センサーデータの継続収集で異常を自動検知(Microsoft社が発表会で見せたデモ)
センサーデータの継続収集で異常を自動検知(Microsoft社が発表会で見せたデモ)
[画像のクリックで拡大表示]

 大手ゼネコンの竹中工務店が、IoT(Internet of Things)を活用した建物設備のモニタリングサービスに乗り出すと、2014年10月に発表した。米Microsoft社のクラウド対応ソフトウエア「Microsoft Azure」と、機械学習を実現する同社のソフトウエアを利用する。ビルの管理者やユーザーは、省エネや快適さを実現するための設備運用をほぼ自動化できるようになるという。

この記事は有料会員限定です

「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い