PR

農業の未来の姿が見えた
 特集「農業と創る、電機の未来」が良かった。農業の未来の姿が見えて、たいへん有意義な記事が読めた。規制や既得権を超えた技術革新を望みたい。(鈴木馨、愛知県、58歳)

熱は自然エネルギーにとって重要
 「農業と創る、電機の未来」は、食の安全や農業の競争力など話題になっていることでもあり、興味深かった。特にJAが競争力の向上を阻害している見方は意外だった。解説1「電池一辺倒にさようなら、熱でもエネルギーを蓄積」は自然エネルギーの普及にとって、重要な技術だと感じた。(日向伸夫、神奈川県、51歳)

脳型プロセッサーに驚き
 NEレポート「IBMが脳型プロセッサー、“人間並み”の規模にメド」の記事には驚きました。高度な人工知能の実現に一歩近づいたということでしょうが、人間の脳の働きを実現するのは遠い未来だと思いたい。人の個性によって1つでない正解が導き出されるのが人間ですので、それを人工知能で将来どう実現していくのか、実に興味があるところです。個性はずっと先の課題で、その前に実用的な領域での活用に主が置かれるのでしょうが。(匿名希望、山形県、38歳)

オリジナリティある会社に期待
 米Mozilla社 CTO兼Vice President at Mobile のAndreas Gal氏のインタビュー「Firefox OSでGoogleとAppleの独占阻止」が印象に残りました。Apple社やGoogle社に対抗する姿勢に興味を持ちました。近未来の技術をテーマにするだけでなく、オリジナリティをもった会社や商品を特集する記事があると良いと思います。(匿名希望、大阪府、44歳)

ノイズ対策は毎回ためになる内容
 NEアカデミー1「ノイズ対策の要諦、これで困らない」の連載は毎回ためになり、内容自体も面白い。(匿名希望、宮城県、33歳)

ソフトとハードの境界問題に要点あり
 基礎的な技術や基本原理などの歴史的経緯や現状の趨勢などを総合的に解説した記事が欲しい。特にハードウエアの設計言語やソフトとハードの境界問題あたりが要点だと考えている。(井上頼昭、神奈川県、86歳)

国内と先進国以外にも目を向けよ
 1973年から41年間継続して購読しています。その間日本の電子産業は発展を遂げましたが、一転衰退期に入り大変残念です。原因の1つは先細りの国内や先進国の動向にばかり注目してきたことにあると思います。たくましく生きている発展途上国の電子産業を取材してもらいたいと思います。(匿名希望、神奈川県、63歳)

省エネ技術に引き続き関心
 鉄道関係の国際規格に関わる者だが、LED技術とその市場動向、システムとしての省エネへの取り組み、に関心を持っている。エネルギーの効率的な利用に関わる内容については、引き続き取り上げてほしい。(匿名希望、東京都、61歳)

好評記事ランキング