PR
日本の交通事故の状況を説明する本田技術研究所 代表取締役社長の山本芳春氏
日本の交通事故の状況を説明する本田技術研究所 代表取締役社長の山本芳春氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「いよいよ、事故ゼロの社会を現実にする段階にきた」─。壇上でこう力を込めたのは、本田技術研究所 代表取締役社長の山本芳春氏である。ホンダは新たな運転支援システム「Honda SENSING」を開発、2014年11月に発売予定の新型高級セダン「レジェンド」から搭載を開始すると発表した。

 新型レジェンドに搭載する新機能は、(1)衝突軽減ブレーキ、(2)路外逸脱抑制、(3)歩行者事故低減ステアリング、(4)渋滞追従機能付きACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)、(5)標識認識、(6)先行車発進通知、の6つ。この他に、車線維持支援システムと誤発進抑制という従来の2つの機能も搭載する。