PR
動画撮影に対応した「RICOH THETA m15」。市場での想定価格は3万5000円前後。
動画撮影に対応した「RICOH THETA m15」。市場での想定価格は3万5000円前後。
[画像のクリックで拡大表示]

 「カメラメーカーとして、リコーとして、映像の世界でまだまだやることがある」(リコー 新規事業開発センター所長の大谷渉氏)─。リコーは、従来の全天球の静止画に加えて、動画の撮影にも対応したデジタルカメラ「RICOH THETA m15」を、2014年11月14日に発売する。その場にいるかのような体験ができる全天球動画の特徴を生かして、コミュニケーションを重視するユーザーを開拓する注1)

注1)THETAの機能の設定や操作ができるアプリケーションをユーザーが作成できるように、リコーはAPIとSDKを公開する。