PR

航空宇宙大手の米Lockheed Martin社は2014年10月15日、大型トラックに積載できるほど小型の核融合炉(CFR:compact fusion reactor)で、100MWの電力を発電する技術を開発中で、10年以内の実用化にメドを付けたと発表した。2014年10月9日にその特許が公開されたことを受けた発表だったとみられる。同社はこの技術によって、化石燃料やジェット燃料が不要な航空機や船舶、あるいは小型または移動可能な高出力の発電所が実現可能になるとする。

この記事は有料会員限定です

「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!