PR

【米国市場】9カ月連続でプラス成長
Ford社は新型「F-150」への切り替えで2カ月連続減

Ford社「Escape」

  米国市場の2014年9月と10月の新車販売台数ランキング。市場全体では9月が約123万台で、DSR(1日当たりの販売台数)の前年同月比は4.9%増、10月が約127万台で同6.4%増となり、9カ月連続でプラス成長となった。

 車名別ランキングでは、日産自動車の「Altima」が11位に後退し、替わって米Ford社「Escape」がランクイン。9月はFord社「Fusion」、10月には米GM社「Chevrolet Cruze」もトップ10に入った。Ford社は、一部モデルは好調だが全体では2カ月連続で前年同月比マイナスとなった。特に「Fシリーズ」の最量販モデルである「F-150」が、新型車への生産移行のため販売台数を調整しているため、大幅減となっているのが影響している。

2014年9月および10月の米国車名別販売ランキング
(各社の公表値による)
[画像のクリックで拡大表示]