PR

 同トラックは、商用車の展示会「65th IAA Commercial Vehicles」(ドイツ・ハノーバー、開催期間:2014年9月25日~10月2日)で初披露した。ミリ波レーダーとステレオカメラを用い、高速道路での自動運転を実現した。

 「トラックの自動運転を実現することで運転席は仕事場になる。ドライバーは運転するだけの作業者から、輸送の管理者に変われるはずだ」。Daimler社でトラックやバスの事業を統括するWolfgang Bernhard氏(同社 Board of Management)は力強くこう訴える。Future Truck 2025が参考にしたのは航空機である。「この分野では自動操縦が当たり前になっており、機長はさまざまな業務をこなせている」(Bernhard氏)という。

既に公道で実証済み

 Future Truck 2025は、高速道路で運転者が「Highway Pilot」と呼ぶモードに切り替えることで自動運転を開始する。Highway Pilotでは「運転者はハンドルを握らない」(Daimler社)。前方に車両がいない場合は、法定速度内で単独走行する。前方に車両がある場合は、走行速度に応じてDaimler社が安全と定めている車間距離を保って追従走行する。必要に応じて自動的に加減速する。

 いずれの場合も単一レーンでの走行に限定しており、車線変更を伴う追い越しはできない。

 同社は既に、2014年夏にドイツ国内の高速道路で自動運転技術を検証済み。Magdeburg(マクデブルグ)の「A14」高速道路で、走行速度を80km/hまでに限定して実験した。