PR

再び脚光を浴びてほしい
 特集「デジタルカメラは枯れるのか」を興味深く読んだ。デジタル・カメラ・メーカーといえば、我々の様な電子部品メーカーにとっては、数年前までは最重要顧客の1つであり、毎年たくさんの部品を供給させてもらっていた。どのような形でも構わないので、再び脚光を浴びることを期待する。(匿名希望、群馬県、47歳)