PR
還元電極からCOが発生する様子(写真:東芝)
還元電極からCOが発生する様子(写真:東芝)
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は、水(H2O)と二酸化炭素(CO2)、太陽光を利用して有機物を作り出す、植物の光合成を模倣した「人工光合成」システムを試作した。生成した一酸化炭素(CO)が持つエネルギーを、入射光のエネルギーで割った変換効率は1.5%と高い。植物の中でも効率が高い藻類の光合成に匹敵する値だという。例えば、養殖環境で育てたクロレラのエネルギー変換効率は2%ほどとする注1)

注1)セルロースや糖類変換分での算出結果である。