PR

 ホンダは2014年12月、セダンタイプの小型ハイブリッド車(HEV)「グレイス」を発売した(図1)。1モーター式のハイブリッドシステム「i-DCD」を搭載し、小型セダンでトップとなる34.4km/LのJC08モード燃費を達成した。また、ホイールベースを伸ばし、上級セダン並みの広い後席空間を確保した。

図1 セダンタイプの小型HEV「グレイス」
日本ではハイブリッド専用車だが、新興国などではエンジン車の新型「City」として販売されている。
[画像のクリックで拡大表示]