PR

 軽自動車「Nシリーズ」の使い勝手を進化させながら、個性的なデザインを採用したのが、軽ハイトワゴン「N-BOXスラッシュ」だ。チョップトップという米国のカスタマズ手法を取り入れ、2ドアのクーペのような外観デザインを実現した。

広さと包まれ感を備えたキャビン。好きなものに囲まれる心地よさを追求した内装。音楽を存分に楽しむためのオーディオ空間。ホンダが、2014年12月22日に発売した新型軽ハイトワゴン「N-BOXスラッシュ」で実現を目指したのは、そんなクルマだ(図1)。

図1 新型軽ハイトワゴン「N-BOXスラッシュ」
2ドアのクーペのような外観デザイン(a)と、外観の色と合わせてトータルコーディネートした内装(b)が特徴。
[画像のクリックで拡大表示]