PR

 ホンダが世界の2輪車生産の「マザー工場」と位置づける熊本製作所(熊本県・大津町)。世界22カ国に33拠点ある2輪車の工場を生産技術で牽引する工場だ*1

*1 ホンダの2輪車の世界累計生産台数は、2014年9月時点で3億台を突破した。1949年に「ドリームD型」の生産を開始して以来、66年をかけて実現した生産台数。3億台の達成はエンジン付きの車両として「世界で初めて」(同社)。

 大量生産という意味では、新興国、例えばインドの工場に譲る。同国には4工場あり、生産能力は120万~180万台。わずか22秒のタクトタイムで、1日当たり1万5000台の2輪車を造る。これに対し、熊本製作所の生産能力は18万台と少なく、タクトタイムは90秒と長い。

 インドの工場は1本の生産ラインで同じ車種を造り続ける。しかも、部品点数が500~600点と比較的シンプルな車種だ。一方、熊本製作所は1本の生産ラインで1日当たり10車種を造り分ける混流生産ラインである。しかも、部品点数が750~900点もある高付加価値の大型2輪車まで手掛けている*2

*2 熊本製作所では、「モンキー」や「リトルカブ」といった小型2輪車から、最上位車種の「ゴールドウイング」までを生産している。

 こうした生産技術の高度さに加えて、熊本製作所の特徴は、部品点数の多い車種を手掛けながらも作業者の負荷を軽減しつつ、かつ高い製造品質を維持する点だ。それを実現すべく、エンジンと完成車の両組み立てラインに、昇降機能付き台車を使った生産ライン「可変台車量産ライン」を導入し、各種の省力化設備を採用している。