PR

製造業をめぐる環境が激変しつつあります。キーワードは3つあります。3D、サービス、そしてIoT(Internet ofThings)です。3Dといえば、避けて通れないのが3Dプリンティング技術の進展です。3Dプリンティングを含むAdditive Manufacturing(AM:付加造形)に関しては、今後、製造業において量産装置としての活用が大きく進む方向です。もう1つ、今後確実に進展しそうなのが、製造業におけるサービス強化の方向性です。もっとも、ここでいう「サービス」とは、「アフターサービス」のことではありません。顧客が本当に必要としていることを提供するという意味のサービスです。これを後押しするのが、IoTに象徴される機器のネットワーク化です。インターネットを、顧客とより強くつながるための基盤と捉えることこそが、将来にわたって競争力を維持していくための条件になります。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)