PR

2015 International CES

ものづくりの“地殻変動”が手に取るように分かる

 「ドローン(無人航空機)」「ローラースケート」「指輪」「哺乳瓶」。いずれも、2015年1月6~9日に米国ラスベガスで開催されたコンシューマーエレクトロニクス関連の展示会「2015 International CES」で目立っていた展示である。ドローンはともかくとして、それ以外のものがなぜCESで展示されているのかと思うかもしれない。だが、どれもセンシング機能や通信機能などを備える“エレクトロニクス機器”だ。

[画像のクリックで拡大表示]

 大手メーカーのテレビやレコーダーといったデジタル家電が主役を張っていた時代とは様変わりし、競争軸が「IoT(Internet of Things、モノのインターネット)」や「ウエアラブル」に移行していることは明らかだった。リアルとクラウドをつなぐ本格的なスマートライフの提案に向けて、大手メーカーとベンチャーが互角にアイデアを競わせる。ものづくりの世界で、まさに“地殻変動”が起きようとしているのだ。

 日経テクノロジーオンラインでは、CESを現地で取材した記者による速報記事を掲載している。その数、約60本。「これは本当にCESの会場なのか」と思えるような写真も満載だ。その模様をぜひ記事で確かめていただきたい。