PR

移動通信事業者が駅や空港など公共スペースへの公衆無線LANの設置に躍起だ。理由は簡単。移動通信システム(3GやLTE)に流れ込むトラフィックの量が膨大になっているからだ。米Cisco Systems社の予測によれば、2013年から2018年の間にモバイル機器が生み出すトラフィックは約11倍になるという。移動通信事業者としては、設置コストが安く、利用できる周波数帯域の広い無線LANにトラフィックを逃がすことで、3GやLTEに流入するトラフィックを少しでも減らそうと考えているわけだ。

この記事は有料会員限定です

「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)