PR

編集部から

 米Local Motors社とOak Ridge国立研究所Manufacturing Demonstration Facility(MDF)が共同で大型3Dプリンター「BAAM」を使って造っているのは、3Dプリンテッドカー「Strati」だけではありません。Stratiと同じ、炭素繊維20%を含むアクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)製の椅子も作っています。Stratiのシートではなく、MDFの部屋で使う椅子です。

 全体は板を折り曲げたような形。もちろん、板材から造っているわけではなく、“曲がった板の形”を3Dプリンターで造形しているわけです。何かの試作を兼ねているようです。

 この椅子は、MDFだけでなく、ノックスビルのダウンタウンにあるLocal Motors社のショップにもありました。残念ながら非売品のようで値札は見当たりませんでしたが、Local Motors社や3Dプリンテッドカーを説明するビデオを、この椅子に座って見られる、という趣向でした。(木崎)

おすすめの1冊

「TPSは在庫を持たない」のウソ

トヨタ生産方式の逆襲
著者:鈴村尚久
定価:750円+税
発行:文藝春秋
判型:新書判 232ページ
ISBN:978-4-16-660968-0
[画像のクリックで拡大表示]

 「在庫を持たない『かんばん方式』という言い方自体が間違っている」─。トヨタ自動車からコンサルタントに転じた著者が、世間で信じられているトヨタ生産方式(TPS)の誤解を解き、その本質を理解してもらおうと書いたのが本書だ。適正な在庫を持つための仕組みこそが、かんばん方式という。第4章でかんばんの意味と正しい運用について細かく解説するなど、TPSの理解を深めるのに非常に有用な一冊といえる。(吉田)