PR

 イタリア・ミラノ市の郊外Cameriに、金属のAdditive Manufacturing(AM:付加製造)造形装置、いわゆる金属3Dプリンターを駆使して特殊な金属部品などを量産する工場がある。それが2013年12月に稼働を開始しているAvio Aero社のCameri工場だ(図1)。最大60台のAM造形装置を設置できる世界最大級のAM工場である*1

*1 同工場の前身であるAvio Prop社が、2013年8月に米GE Aviation社に買収されたことから、現在米General Electricグループの企業として、航空機部品の量産体制強化を図っている。

図1 イタリアAvio Aero社のCameri工場
ミラノ市から50kmほど西にある。AMによる量産工場としては世界最大規模。
[画像のクリックで拡大表示]