PR

【日本市場】37.0km/Lの「アクア」がトップを奪還、「ワゴンR」は11ランクの大幅ダウン

ホンダ「N-BOXスラッシュ」

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2015年1月の新車販売台数ランキング。トヨタ自動車「アクア」が37.0km/Lという低燃費が支持されて2カ月ぶりに首位を奪い返した。

 2位は前月の6位から上がったホンダの軽自動車「N-BOX」で、2014年12月に派生車「N-BOXスラッシュ」を発売し、前月より販売台数を4000台以上増やした。また、12月に「エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」を加えた特別仕様車を発売した日産自動車「デイズ」が前月より7ランク上がって3位になった。

 トップ20に入った軽自動車の中で上記2車以外の9モデルは全て前月よりランクダウンした。特に前月トップのスズキ「ワゴンR」は販売台数が前月の半数以下になり、11ランクの大幅ダウンとなった。

2015年1月の日本車名別ランキング
(日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会調べ)