PR

ムーアの法則が通用しなくなる時代には、微細化に代わる集積回路の新たな価値向上手段が欠かせなくなる。3次元化やコンピューターアーキテクチャーの刷新など、その芽は着実に出てきた。ひたすらに微細化を追ってきた50年から、多様性の時代へ。技術パラダイムがガラリと変わる。

 ムーアの法則の限界を前提とした技術開発が、ここにきて加速している(図1)。微細化に頼らずに集積度や性能を向上する技術、コンピューターアーキテクチャーの刷新などである。キーワードは大きく3つ。「3次元化」「データ中心(data centric)」「非ノイマン」だ。微細化一辺倒だった過去50年の技術パラダイムが、大きく転換する。

図1 技術パラダイムが転換
ムーアの法則が有効な時代とそうでない時代では、技術パラダイムが大きく変化する。ノイマン型アーキテクチャーが必ずしも前提ではなくなり、脳型など非ノイマン型の存在感が高まる。微細化以外の手段が半導体の技術進化を牽引するようになるとともに、新たな物性や物理量を積極的に採り入れるようになる。(写真:上から順に日立製作所、Micron Technology社、Hewlett-Packard(HP)社)
[画像のクリックで拡大表示]