PR

 2020年の本放送開始に向けた取り組みが進む8K(8000×4000画素級)映像。ここに来て、放送よりも先に実用化される可能性が高まってきたのが医療分野だ。早ければ2017年にも、臨床に使われる可能性がある。

 日経デジタルヘルスの2015年2月のページビュー(PV)ランキングでは、8Kをはじめとする最先端技術が、外科医療を大きく変えることを予感させる記事が多数ランクインした(表1)。

表1 日経デジタルヘルスに掲載した記事の2015年2月のPVランキングトップ10
[画像のクリックで拡大表示]