PR
モーフィアスの新型試作機を発表するSCEの吉田氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ゲーム業界を中心に、開発競争が激化している仮想現実感(VR)技術。2015年3月に開催されたゲーム開発者向け会議「GDC 2015」でも、注目の的はVRゲームやVRゲーム用ヘッドマウントディスプレー(HMD)だった。今回のGDCでは、新たに3つのVR向けHMDが発表された(表1)。中でも、大手ゲーム機メーカーであるソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が製品化時期を2016年上半期と明らかにしたことで、ゲーム業界は大いに沸いた。2016年には他社製も含めて複数のゲーム機用HMD製品が出揃い、“VR元年”になる可能性が高い。

表1 GDC 2015で発表された主なHMD
[画像のクリックで拡大表示]

 SCEは今回のGDCでProject Morpheus(プロジェクトモーフィアス)の新型試作機を発表した。従来試作機と比べて大きく4つの特徴がある。第1に、表示素子に5.7型の有機ELパネルを採用したこと。従来機は5型の液晶パネルだった。画素数は変わらず、1920×1080で、左右の目に向けてそれぞれ960×1080画素の映像を表示する。