PR
新型MacBook
新型MacBook
[画像のクリックで拡大表示]
新型MacBookのUSB Type-Cコネクター
新型MacBookのUSB Type-Cコネクター
[画像のクリックで拡大表示]
他のコネクターとの比較。左から、USB Type-Cのプラグ、Lightningのプラグ、USB Standard-Aのプラグ
他のコネクターとの比較。左から、USB Type-Cのプラグ、Lightningのプラグ、USB Standard-Aのプラグ
[画像のクリックで拡大表示]
LaCie社がType-Cコネクター採用の外付けHDD(写真:LaCie社)
LaCie社がType-Cコネクター採用の外付けHDD(写真:LaCie社)
[画像のクリックで拡大表示]

 USBの新しいコネクター「Type-C」対応製品がここにきて次々と発表されている。話題の中心にあるのが、米Apple社が2015年4月10日に発売する、Type-Cコネクター採用の新型ノートパソコン「MacBook」である。

 半導体製品では、米Cypress Semiconductor社が、Type-Cに向けた制御ICの第2世代品を発表した(発表資料)。実装面積3.3mm2 の小さなパッケージ(WLCSP)に封止しており、Type-Cコネクターを搭載したUSBケーブルでの利用を主に想定している。周辺機器では、例えばLaCie社がType-Cコネクター採用の外付けHDDを発表した(発表資料)。

 Type-Cは、携帯機器に向けた小型のコネクター仕様である。表裏どちらでも挿入できる「リバーシブル」対応であること、最大データ伝送速度が10Gビット/秒と高速な「USB 3.1」に対応すること、最大100Wを給電できる「USB Power Delivery Specification(USB PD)」に対応することなどが特徴だ。

 Type-Cコネクターは、USBの信号だけでなく、Display Port(DP)やPCI Express(PCIe)のデータ信号をやり取りできる。このときの動作モードの切り替えなどに、制御ICを利用する (関連記事)。

MacBookにはType-Cのみ


 Apple社が新しいMacBookに搭載したコネクターはType-Cただ1つ。Type-Cコネクターだけで電源供給、USB(データ通信)、映像伝送に対応する。

 USB PDでは、供給可能な電力に応じて、10W、18W、36W、60W、100Wの5段階の「プロファイル」を設けている。給電前に、供給する電力(電圧、電流)のプロファイルを決める。Apple社は現時点では明らかにしていないが、新型MacBookでは、最大36Wのプロファイルまでに対応するとみられる。仕様表に「29W電源アダプター」との記載があるからだ。

 新型MacBookが対応するUSBのバージョンは3.1としつつも、最大データ伝送速度は10Gビット/秒ではなく、5Gビット/秒にとどまる。これは従来のUSB 3.0の最大データ伝送速度だが、仕様上「USB 3.1 Gen1」と呼ばれる。10Gビット/秒に対応しないのは、10Gビット/秒向けの認証試験の準備に、認証機関が手間取っているためとみられる。

 映像伝送には、Type-Cコネクターを通じたDP信号の出力で対応する。対応するDPのバージョンは1.2である。変換アダプターを利用することで、HDMIやVGAでの映像出力も可能にする。