PR

ものづくりの現場から、工学部などの理系教育に不満の声が上がっている。近頃の新人技術者が、知識はあるものの試作や実験などが苦手という傾向が強まっていることなどが理由だ。日本の製造業が10年後、20年後にも力強く生き残るために、どうやって優秀な若手技術者を育てるか。企業や教育機関の挑戦が始まった。