PR

ドイツの製造業の強さは、2015年3月号の特集2で紹介したような生産分野だけに留まらない。研究開発でも、企業と大学・公的研究機関が緊密に連携して、世界的に注目を集めるイノベーションを次々に生み出している。リニアモーターで駆動するエレベーター、自動運転車、炭素繊維強化樹脂を車体骨格に使うクルマ、生物の動きを取り入れたロボット…。今回はドイツの開発力に焦点を当てる。(山崎良兵)

Fraunhofer研究機構で異種材料を接着剤で強固に接合する技術を企業と共同開発した研究チーム。自動車分野などでの利用が期待されている。(MADE IN GERMANYのロゴ:Gustaf Brundin/ゲッティ イメージズ)

 160年以上も基本原理が変わらなかったエレベーターの世界に革命が起きる─。2014年11月末、ドイツThyssenKrupp社はワイヤーロープを使わない画期的なエレベーター「MULTI Elevator」を開発したと発表した。リニアモーターで駆動する複数の乗りかごが、昇降路内を垂直方向や水平方向に移動して乗員を輸送する(図1)。

図1 ThyssenKrupp社が開発した「MULTI Elevator」のイメージ図
リニアモーターを使うことでワイヤーロープを不要にする。昇降路の中を複数の乗りかごが同じ方向に向かって移動。ボタンが押された階で乗りかごが、15~30秒停止して乗客が乗り降りする仕組み。
[画像のクリックで拡大表示]

 現行のエレベーターは、ワイヤーロープで1つの乗りかごを吊り下げて、昇降路内を上下に移動させる方式が一般的だ。これに対し、新方式では昇降路内を複数の乗りかごが同時に移動するため、昇降路内の輸送能力は最大で1.5倍に高まるという。その結果、高層ビルにおけるエレベーターの設置床面積を、最大50%削減することも可能になる。実用化を視野に、2016年に試験運転を開始する。