PR

 豊田自動織機が、関西国際空港の国際貨物地区で、燃料電池(FC)フォークリフトの実証実験を開始した。期間は2015年2月23日から2017年3月末まで。トヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」と同じFCセルを搭載するフォークリフトも実用化する。FCフォークリフトの普及がFCVの低コスト化にもつながりそうだ。

 実験は2段階に分けて実施する。第1段階では、過去に開発したFCフォークリフト1台を用いる。関西国際空港では、このFCフォークリフトを医薬品専用の定温庫に導入する(図1)。新関西国際空港社長兼CEO(最高経営責任者)の安藤圭一氏は「医薬品や食料品の取り扱いには、排ガスの出ないFCフォークリフトが最適」と述べる。

図1 関西国際空港で始まった実証実験
水素ステーションも設置。まずは、豊田自動織機が2012年に開発した先代のFCフォークリフトで実証を始めた。
[画像のクリックで拡大表示]

 排ガスゼロという点では、動力源に鉛蓄電池を用いる電動フォークリフトも同じ。だが、電動フォークリフトでは充電に6~8時間を要する。電池交換式の車両もあるが、大量の予備電池やその置き場が必要だ。FCフォークリフトであれば、水素の充填時間は3分程度で済み、スペースや時間も大幅に節約できる。