PR
図1 LGエレクトロニクス・ジャパンが日本で発売する55型有機ELテレビ。写真右が韓国LG Electronics社のInkyu Lee氏、写真左がLGエレクトロニクス・ジャパン 代表取締役社長の慶甲秀氏。
図1 LGエレクトロニクス・ジャパンが日本で発売する55型有機ELテレビ。写真右が韓国LG Electronics社のInkyu Lee氏、写真左がLGエレクトロニクス・ジャパン 代表取締役社長の慶甲秀氏。
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニー、パナソニック、韓国Samsung Electronics社――。世界の名だたる電機メーカーが相次いで撤退や投資中断に動くなか、有機ELテレビ事業で孤軍奮闘するのが韓国LG Electronics社だ。2015年3月25日には、満を持して日本市場に有機ELテレビを投入することを発表した。同年5月から、日本法人のLGエレクトロニクス・ジャパンが55型の有機ELテレビを発売する。画面の中央部を凹ませた曲面型で、最も薄い部分はわずか6mmだ。画素数は3840×2160の4K仕様である。消費電力は390W。価格はオープンだが、予想実売価格(税別。以降同じ)は62万8800円前後とする(図1)。

 同社はその後も、矢継ぎ早に新製品を投入する計画である。2015年6月には、価格を抑えた1920×1080画素のフルHD仕様の55型有機ELテレビを発売する。4K品と同様に価格はオープンだが、実売価格は40万円を下回り、39万8800円前後と予想している。さらに、同年秋には、65型の4K有機ELテレビを発売する予定。こちらの予想実売価格は99万8800円前後という。こうして、日本市場でも徐々に製品ラインアップを拡充していく考えだ。