PR

 写真は、ドイツFesto社が開発したアリ型ロボット「Bionic ANTs」。長さ135×高さ43×幅150mm、質量105gと本物のアリよりやや大きいが、その動きはまさにアリだ。単に6本の足で移動するということだけでなく、ある目的を達成する際の動き方についても、自然界のアリの行動を参考にした。さて、このロボットが実現する「アリ型」ならではの動きとは、どのようなものだろうか。