PR

 「Industry 4.0」(インダストリー4.0)として、工場のスマート化による“産業革命”を仕掛けるドイツ。2015年4月13~17日に同国のハノーバーで開催された産業技術の展示会「Hannover Messe 2015」では、インダストリー4.0に関連した展示が目立った(図1)。そんな中、会場内で開催された「第9回 日独経済フォーラム」では、日本の政府関係者や企業人が日本の進むべき道についてそれぞれの考えを語った(図2)。インダストリー4.0に対して日本はどう向き合えばいいのか。模索する動きが少しずつ始まっている。

図1 「Hannover Messe 2015」の会場風景
インダストリー4.0に関連した展示が目立っていた。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 「第9回 日独経済フォーラム」の会場風景
日本およびドイツの政府関係者や企業人がインダストリー4.0をテーマに講演した。
[画像のクリックで拡大表示]

 日本の政府関係者で登壇したのは、内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付の佐々木直哉氏である。同氏は、日立製作所の研究開発グループ技師長として企業に籍を置きつつ、政府が進める「戦略的イノベーション創造プログラム」(SIP)の革新的設計生産技術担当プログラムディレクターを務めている。