PR

 トヨタ自動車は、セグメントをまたぐ部品の共通化を踏まえた設計思想(モジュラー設計)「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」に対応した新しいプラットフォームを開発、2015年3月に公開した(図1)。Cセグメント向けプラットフォームで、2015年から実用化する。同年に発売する計画の次期「プリウス」から採用するとみられる。

図1 新しいプラットフォーム
モジュラー設計思想のTNGAに対応したプラットフォーム。(a)斜め後方から見た。(b)斜め前方から見た。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 共通部品「TNGA部品」
図中で色の付いた、クルマの基本性能を決める機能部品がTNGA部品の対象となる。複数のセグメントの車種で共通化することでコストを削減する。
[画像のクリックで拡大表示]

 新しいプラットフォームには、複数のセグメントの車種間で共通化された部品(モジュール部品)である「TNGA部品」を搭載(図2)。具体的には、シートやエアコン、アンダーボディー、サスペンション、ステアリングのシャフトとギアボックス、インスツルメントパネルの補強部材などをTNGA部品として採用した。