PR

世界で電気自動車(EV)の普及が加速しようとしている。日本市場では伸び悩むが、欧州や米国などで販売が拡大。海外勢を中心に新型車投入を積極化する。2017年頃には価格が手ごろで航続距離が300km以上のEVが相次いで市販される。近距離移動では実質的にEVとして使われるプラグインハイブリッド車(PHEV)の投入も本格化。電池の性能向上や、軽量化が求められる車体へのアルミニウム合金や炭素繊維強化樹脂(CFRP)の採用など、技術革新も進む。自動車産業のものづくりを変えるEV・PHEVの動向を世界で追った。

米Tesla Motors社が2015年に発売を予定する電気自動車「Model X」と同社CEOのElon Musk氏