PR

 ハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)の性能を左右する重要部材の一つが、DC-DCコンバーターに使うリアクトルだ。アルプス電気と東北大学はリアクトルの性能を高める、新磁性材料を開発した。

 「DC-DCコンバーターの性能はEVの走行距離に直結する。新材料を使えば、DC-DCコンバーターの効率を数%向上できる」─。こう語るのは、アルプス電気取締役技術本部本部長の笹尾泰夫氏である。同社は東北大学金属材料研究所教授の牧野彰宏氏らと共同で、DC-DCコンバーターに使える、新しい軟磁性材料(アモルファス粉)の開発に成功した(図)。

図 新開発の軟磁性材料でリアクトルのコアを試作
(a)FeSiBP系合金で、ガスアトマイズ法で粉体にする。(b)リアクトルのコアを試作した。
[画像のクリックで拡大表示]