PR
位置付けが分かりにくい新技術の登場、一見不可解に見える組み合わせでの企業提携、未知の勢力の台頭─。SCR大喜利は、こうした理解しにくい出来事の背景や波及効果を、専門性や立場の異なる複数の識者が、それぞれどのように読み解き分けるのか、視点の違いを横並びで見せるコラムである。

 2015年3月2日、富士通セミコンダクターとパナソニックのシステムLSI事業の統合が完了し、日本政策投資銀行も出資して新会社「ソシオネクスト」として事業を開始した。システムLSIの設計・開発にフォーカスし、富士通とパナソニックの両グループの連結対象にはならない、独立したファブレス半導体企業としての船出である。

 しかし、現時点で同社の明るい未来を想像している人は少ない。その理由は明快だ。システムLSI事業は、日本の半導体産業が凋落した主因として挙げられる事業である。しかも、同社の強みは、広く一般に認知されているとは言えない。例えば、ルネサス エレクトロニクスは、よくも悪くも「マイコンの会社」「自動車用半導体が強い会社」というイメージがある。こうした分かりやすい看板が、同社には見えない。

 とは言え、同社が何の勝算もなく事業を始めるとも思えない。富士通とパナソニックから引き継いだ、多くの開発案件でスキルを磨いた設計部門と豊富な設計資産は、確実に同社の競争力を高めることだろう。また、京セラなどの経営者として豊富な経験をもつ西口泰夫氏を代表取締役会長に、富士通セミコンダクターの井上あまね氏を代表取締役社長兼COOに配している。西口氏は、京セラで稲盛和夫氏の薫陶を受け、特に新規事業の開拓で手腕を発揮してきた人物。また井上氏は、同じく富士通出身の慶應義塾大学の田口眞男氏が「社長に井上氏を据えたところに本気度を感じる。井上氏はシステムLSIの設計エンジニア出身ではなく、またコンサバな発想の持ち主でもない」と評するように、日本の半導体メーカーの経営者の足かせとなりがちな過去の成功体験には縛られない人物だ。

 状況は暗いが、舞台と役者は魅力的。誰が見ても困難な状況にある同社に、両氏がどのような活路を開いていくのか、興味は尽きない。