PR

 スマートグリッドの構築が期待される中、エネルギー・システムの開発が大きな課題だ。複数のエネルギー変換ユニットを連携させるため、システムが複雑になるからだ。こうした中、航空宇宙や自動車の分野で実績のある「モデルベース開発」の手法をエネルギー・システムの開発に適用する動きがある。本連載では、モデルベース開発の基礎と自動車分野での適用例などを解説すると共に、エネルギー・システムでの導入例を紹介する。

この記事は有料会員限定です

「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!