PR

 自動車メーカーの2014年度(2014年4月~2015年3月)連結決算では、8社のうち4社が過去最高の営業利益を達成した。2015年度も4社が過去最高益になる見通しである(表1)。ただし、日本や一部のアジア市場の回復には時間がかかるため、販売が好調な北米市場への依存が鮮明になっている。

表1 2014年度の業績と2015年度の見通し
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタ自動車の2014年度の売上高は前年度に比べて6%増加の27兆2345億円、営業利益は同20%増加の2兆7505億円だった。営業利益は2年連続で過去最高を更新した。