PR

 日経Automotiveと日経ビジネスは2015年4月に自動車関連のセミナー「次世代自動車2015発刊記念セミナー、クルマの未来~自動運転、インダストリー4.0で自動車業界はどう変わる」を開催した。マツダが同社の目指す自動運転の姿を紹介したほか、コンサルタントがインダストリー4.0の影響などについて語った。

 「運転者が主体の自動運転技術を目指す」─。そう語ったのは、マツダ常務執行役員でビジネス戦略・コスト革新を担当する藤原清志氏である(図1)。機械やシステムが全てを処理する「完全自動運転」の方法は採らない。基本は人がクルマを運転し、万が一の時に人の操作を超えて安全な場所までクルマを自動的に運転するシステムを考える。

図1 マツダ常務執行役員の藤原清志氏
同社が目指す自動運転は、完全自動ではなくいざというときに人をアシストするように人間の裏で黒子のように働くことを志向。

 マツダの自動運転技術のコンセプトは、人がクルマを「楽しく操る」ことがベースとなる。そのため、クルマに搭載する自動運転システムは「バックアップシステム」として機能する。同システムは、人が「正しく」運転している通常時は、クルマの操縦は人に任せつつ、人の心身状態とクルマの状態、外部環境の状態を把握しておく。

 ここで、人ができる限り正しく運転できるようなクルマづくりを同社は進める。その一つが、ミリ波レーダーやカメラなどの検知デバイスを使った先進安全技術「i-ACTIVSENSE」だ。

 それでも、突発的な病気や判断ミスなどで人が正しく運転できなくなることもある。そのときは、人による運転を止めて同システムがクルマを操縦。外部に連絡しながら、安全な場所まで自動的に運転して停車させる。これにより、人の安全を守る仕組みだ。

 人が主体の運転は老化速度を下げる効果があることにも触れ、将来的には「軽トラックに乗る地方の高齢者がいつまでも安心して運転できる自動運転技術を開発したい」と同氏は語った。

 ドイツ発のインダストリー4.0が自動産業に与える影響について講演したのが、コンサルティング会社であるジェネックスパートナーズ会長の眞木和俊氏。同氏は、IoT(Internet of Things)の活用で、モノづくり全般のバリューチェーンが変わる可能性があり、新ビジネスの登場も予想されるとした。例えば、3Dプリンターを活用して自分だけの自動車を作る、サービスのインターネット化によるメンテナンスフリー、自動運転の実現などだ。