PR

 今回から2回にわたって取り上げるのは、2014年1月にひろしま産業振興機構のカーテクノロジー革新センター・ベンチマーキングセンターが分解したホンダ「アコードハイブリッド」である。分解は呉市の広島県立総合技術研究所西部工業技術センターで実施した(図1)。この詳細は、日経Automotiveの別冊として『最新型車分解レポート2014-ホンダ「アコードハイブリッド」』としてまとめており、今回はそのハイブリッドシステムを中心としたパワートレーン部分を紹介する。

図1 ホンダ「アコードハイブリッド」の分解
ひろしま産業振興機構のカーテクノロジー革新センター・ベンチマーキングセンターが、実施したホンダ「アコードハイブリッド」の分解作業。呉市にある広島県立総合技術研究所西部工業技術センターで行った。
[画像のクリックで拡大表示]