PR

 ドイツの「Industry 4.0」をはじめ、工場のスマート化(ITによる工場の高度化)に向けた動きが、各国や各企業で加速している。しかし、「スマート工場」の実現には多くの課題が存在する。その1つが、スマート化によって生まれる大量の情報をどう処理するかというものだ。さらに、生産ラインにつながる産業機器やセンサーが増えるため、それらの小型化や低消費電力化も進めなければならないのである。

 これらの課題は、産業機器やセンサーのメーカーだけでは解決できない。産業機器やセンサーに搭載される半導体のメーカーも、スマート工場を新しいビジネスチャンスとして捉え、動き始めている(表)。

表 半導体メーカー各社のスマート工場に向けた取り組み
スマート工場に向けた半導体メーカーの動きが活発になっている。
[画像のクリックで拡大表示]