PR

日本メーカーの競争力の象徴として、世界で高く評価されてきた「品質」。だが、自動車関連で大規模リコールが相次ぎ、免震ゴムの性能偽装も発生する中で、それが揺らいでいる。自動車は電動化・自動化が加速して複雑化。部品調達もグローバル化し、品質管理が難しくなっている。工場でもベテラン技術者の退職に伴う世代交代が進んでいる上、雇用形態の変化で「QCサークル」など製造現場の強さを支えてきた活動が弱まりつつある。日本メーカーの品質を取り巻く課題と、それを克服するためには何が必要なのかに迫った。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
リコールが相次いだ小型車「フィット ハイブリッド」などを生産するホンダの埼玉県の寄居工場。(写真:都築雅人)