PR

 トヨタ自動車にとって2月24日は忘れられない日だ。2010年の同日、社長の豊田章男氏が米下院の公聴会で自ら証言台に立ち、2009~2010年に発生した大規模なリコール問題に関する数々の厳しい質問に懸命に答弁した(図1)。

図1 米下院の公聴会に出席したトヨタ自動車社長の豊田章男氏
大規模リコールに関する厳しい質問にさらされながらも、懸命に答弁する姿が大きく報じられた。(写真:Bloomberg/ゲッティ イメージズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 それ以降、2月24日はトヨタの「再出発の日」として定められている。毎年、その日を迎えると、豊田氏はつらい記憶を呼び覚まし、品質のあり方をじっくり考えるという。

 この時の大規模リコールは、創業以来、品質を重視してきたトヨタにとり、衝撃的な経験だった。トヨタ車の運転中に「意図せぬ急加速」が起きるとされ、アクセルペダルに加えて、電子制御装置にも不具合があると疑われた。