PR

【日本市場】部分改良した「スペーシア」が8ランク上昇しトップ10入り、4月に全面改良した「ステップワゴン」は18位

スズキ「スペーシア」

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2015年5月の新車販売台数ランキング。乗用車と軽自動車を合わせたランキングで、トヨタ自動車「アクア」が首位、ホンダ「N-BOX」が2位で前月と変わらず。日産自動車「デイズ」が7ランクアップで3位、トヨタ「カローラ」が8ランクアップで4位となった。

 5月19日に部分改良したスズキ「スペーシア」も前月より8ランク上昇して7位になり、上位にはランクアップしたモデルが多い。一方、10位から13位までは前月より下降したモデルが並んだ。11位のスズキ「ハスラー」は8ランク下がったが、前年同月比は20.9%プラスとなっている。前月はトップ20内だったトヨタ「ヴォクシー」と「ヴェルファイア」が21位と22位に後退し、代わりに4月に全面改良したホンダ「ステップワゴン」が18位、「ヴェゼル」が19位に入った。

2015年5月の日本車名別ランキング
(日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会調べ)