PR

【動向】ソニーモバイルとZMP、産業用ドローン事業で協業

 ソニーモバイルコミュニケーションズ(本社東京。以下、ソニーモバイル)と、ロボットベンチャーのZMP(本社東京)は、自律型無人航空機(ドローン)による画像撮影と、クラウドによる画像データの処理を組み合わせた産業用ソリューションの開発・提供で協業すると発表した。2015年8月初旬に、合弁会社「エアロセンス」(本社東京)を設立する。出資金は1億円。出資比率は、ソニーモバイルが50.005%、ZMPが49.995%となっている。

 新会社では、ソニーのカメラやセンシング、通信ネットワーク、ロボット分野における技術と、ZMPの自動運転やロボット、産業分野でのビジネス経験を生かし、測量・調査・管理・点検などのソリューションを開発していく。2016年から法人向けのサービスを開始する予定だ。

 ソニーモバイルは、Internet of Things(IoT)市場を見据えた新規事業の一環として取り組んでいく。また、ZMPはこれまで自動運転技術をはじめ、すべて陸上で事業展開を行ってきたが、今回の協業で、空の分野へとフィールドを広げることになる。

[画像のクリックで拡大表示]